【性病の基礎知識2】目眩やふらつきなどの症状を伴う性病とは?

MENU

【性病の基礎知識2】目眩やふらつきなどの症状がある

 

性病において、目眩、そして立ちくらみやふらつきなどを感じるという方も少なくないようです。性病というと、一般的には、あそこの痒み、またはオリモノの色や質などが変化したりするといった症状が一般的ですが、場合によっては目眩や、ふらつきなどといった、身体的な症状なども起こることもあります。

 

それでは、目眩が起きてしまう性病とはどのような性病なのでしょうか。

 

ストレスが免疫力を低下させ・・・

 

まず、一言で性病といっても、さまざまなものがあります。たとえば、梅毒や淋菌などといった、細菌による性病の発病だったり、さらには、HIVやクラミジアなどといった、ウィルスによる感染などもあります。

 

これらの性病の場合には、アソコの痒みや、オリモノの変化などだけではなく、目眩だったり、あるいはふらつき、または頭痛や発疹などが現れることもあり、個人によって症状はさまざまです。また、目眩にはストレスなどが関係していることもあり、ストレスを溜めていたり、免疫力が低下している場合にも、起こりえることがあるのです。

 

このため、オリモノが多かったり、アソコが痒いという症状のほかにも、何か気になる症状がある場合には、これらのウイルス性の性病を疑ってみることが大切です。

 

早めに医師の診察をうけるべきです

 

こういった病気を治すための治療法としては主に薬などを服用して治す方法もありますが、性病の中でも、重症のものの場合には、治りにくかったりするケースもあります。このため、自分で判断をせずとも、早めに産婦人科で対処することが必要となります。

 

また、カンジダ膣炎など、細菌性の性病などの場合、薬を飲み続けているだけではなく、膣内を消毒することも必要となり、産婦人科で消毒に通う必要もあります。

 

また、これらの性病は、恋人や、配偶者などといった、他の人に感染してしまう可能性があり、主に性行為などで感染するといわれています。このため、他の人に移してしまわないように気を付けましょう。さまざまな性病がありますが、自分自身で判断をせずにすぐに受診することが必要です。


 ↓初心者におすすめの検査キット
パーフェクトペアセット エイズ・HIV抗体検査 女性用8項目検査

結婚前のペアチェックなら

風俗に行ったら必ず検査

女性におすすめのキット

他の検査キットを探すならコチラ≫