【性病検査キットで検査できる性病2】梅毒

MENU

梅毒

 

どんな症状?
  • 第1期 性器等の感染箇所に硬いしこり
  • 第2期 微熱、だるさ、全身に発疹
  • 第3期 顔面、筋肉に硬いしこり
  • 第4期 脳の障害、運動障害
特徴や原因は?

主に性行為によって、「トレポネーマ・パリダム」という細菌が感染して発症します。早期に治療を開始すれば、第3期まで進行してしまうことはほとんどありませんが、エイズと同時に感染した場合は、進行が早まるので注意が必要になります。放置すると、細菌が脳や脊髄を攻撃して、認知症や運動障害を引き起こします。

治療法は?
  • ペニシリン、ミノサイクリンの服用・点滴
注意点など
  • ペニシリンの登場で不治の病ではなくなった
  • 妊娠中に感染すると赤ちゃんに感染する可能性がある
  • エイズと梅毒が同時に発症することが多い
  • とにかく、早期発見・早期治療が重要

 

少しでも心あたりがあるなら今すぐ検査!≫

 

 

「性病検査キット」の検査物採取方法

 

 

 


 ↓初心者におすすめの検査キット
パーフェクトペアセット エイズ・HIV抗体検査 女性用8項目検査

結婚前のペアチェックなら

風俗に行ったら必ず検査

女性におすすめのキット

他の検査キットを探すならコチラ≫



【性病検査キットで検査できる性病2】梅毒関連ページ

エイズ
B型肝炎
C型肝炎
クラミジア
淋菌
トリコモナス膣炎
カンジダ膣炎
子宮頸ガン