【性病検査キットで検査できる性病3】B型肝炎

MENU

B型肝炎

 

どんな症状?
  • 最初、発熱、喉の痛みなど、カゼに似た症状
  • しだいに、褐色の尿、黄疸などの肝臓病の症状
  • 食欲不振、吐き気、嘔吐、だるさなどの症状も見られる
特徴や原因は?

「肝炎ウイルス」が感染して発症します。症状が1〜2ヶ月で自然に治ることも多く、これを「B型急性肝炎」と呼びます。一方で、半年以上治らない場合を「B型慢性肝炎」と呼びますが、大人が感染した場合は慢性化することはあまりありません。ただし、免疫機能が落ちているときや、特殊なタイプのウイルスに感染した場合は、慢性化して肝硬変や宦官の原因になるので注意が必要です。性行為によって感染することが多いですが、鍼治療や輸血などが原因になることもあります。

治療法は?
  • 急性の段階では、自然治癒するのを待ちます
  • 慢性化すると、抗ウイルス薬の注射や服用を行います
注意点など
  • 肝硬変や肝がんの原因になるため注意
  • 慢性化すると、肝機能が悪化する
  • 母子感染するケースが多いため注意
  • とにかく、早期発見・早期治療が重要

 

少しでも心あたりがあるなら今すぐ検査!≫

 

 

「性病検査キット」の検査物採取方法

 

 

 


 ↓初心者におすすめの検査キット
パーフェクトペアセット エイズ・HIV抗体検査 女性用8項目検査

結婚前のペアチェックなら

風俗に行ったら必ず検査

女性におすすめのキット

他の検査キットを探すならコチラ≫



【性病検査キットで検査できる性病3】B型肝炎関連ページ

エイズ
梅毒
C型肝炎
クラミジア
淋菌
トリコモナス膣炎
カンジダ膣炎
子宮頸ガン