【性病検査キットで検査できる性病9】子宮頸ガン(ヒトパピローマウイルス)

MENU

子宮頸ガン(ヒトパピローマウイルス)

 

どんな症状?
  • 初期にはほとんど自覚症状はない
  • 進行すると、生理期間以外にガンからの出血がある
特徴や原因は?

「ヒトパピローマウイルス」が感染して発症します。女性は、さまざまな要因で出血することがあるため、生理期間以外の出血であっても、深刻に考えずに放置してしまいがちです。しかし、いつもとは違う感じの性器からの出血があった場合は、必ず検査を受けて、子宮頸ガンではないことを確認しておくべきです。子宮頸ガンは、20〜40代の、比較的若い女性に多いです。早期に発見できれば、手術でほぼ感知できますので、ヒトパピローマウイルスの感染が心配になるようなことがあれば、早めに検査しておくことが大切です。

治療法は?
  • 手術によるガン細胞の切除
  • レーザー蒸散術
  • 高周波療法、その他
注意点など
  • いつもと違う出血があれば、必ず検査を受ける
  • 病期0期であれば、ほぼ100%完治できる
  • とにかく、早期発見・早期治療が重要

 

少しでも心あたりがあるなら今すぐ検査!≫

 

 

「性病検査キット」の検査物採取方法

 

 

 


 ↓初心者におすすめの検査キット
パーフェクトペアセット エイズ・HIV抗体検査 女性用8項目検査

結婚前のペアチェックなら

風俗に行ったら必ず検査

女性におすすめのキット

他の検査キットを探すならコチラ≫



【性病検査キットで検査できる性病9】子宮頸ガン(ヒトパピローマウイルス)関連ページ

エイズ
梅毒
B型肝炎
C型肝炎
クラミジア
淋菌
トリコモナス膣炎
カンジダ膣炎