【性病検査キットで検査できない性病4】尖圭コンジローマ

MENU

尖圭コンジローマ

 

どんな症状?
  • 性器周辺に先のとがった小さいイボが発生
  • カリフラワー状、乳頭状など、形状はさまざま
  • 白、ピンク、黒、茶色など、色はさまざま
特徴や原因は?

「ヒトパピローマウイルス」というウイルスに、性行為などで感染して起こる。尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスと、子宮頸ガンの原因となるヒトパピローマウイルスは、ウイルスのタイプが異なる。感染後、1〜3ヶ月ていどで、先のとがった直径1mm程度のイボが大量にできる。そして、小さなイボが集まって、大きなイボになる。男性は陰茎の上、女性は外陰部や肛門付近にできやすい。

治療法は?
  • イボを外科的に取り除く
  • レーザー、電気メスなどで切り取る
  • 塗り薬もあるが、医師の指導が必要
注意点など
  • 治っても再発することが多い
  • 治るまで性行為は控えること
  • まれに、子宮頸ガンや陰茎がんのきっかけになることも
  • 治癒しないまま出産すると、赤ちゃんに感染する可能性

 ↓初心者におすすめの検査キット
パーフェクトペアセット エイズ・HIV抗体検査 女性用8項目検査

結婚前のペアチェックなら

風俗に行ったら必ず検査

女性におすすめのキット

他の検査キットを探すならコチラ≫



【性病検査キットで検査できない性病4】尖圭コンジローマ関連ページ

毛ジラミ症
口唇ヘルペス
性器ヘルペス